欢迎您!您是本站第 位访问者   今天是

南京概况(日本語版)

发布时间:2014-02-08    作者:   来源:

 
  南京市は、中国の副省級都市で、江蘇省の省都。都市人口は812万人(2012年)、面積は6,597km2。中国の重要な交通ターミナルと情報の中心で、長江デルタに影響をもたらす重要な都市である。
  南京は、北京?西安?洛陽と並んで中国四大古都の一つ。2,000年余りの歴史を持ち、古くから中国長江流域の中心地で、かつては三国?呉、東晋、南朝の宋?斉?梁?陳(以上の6朝を総称して六朝)、十国の南唐や明(ミン)といった王朝や南京国民政府の首都であるため、「六朝古都」?「十朝都会」とも呼ばれておる。14世紀から15世紀にかけて、世界最大の都市であった。金陵は南京の別名で、また、清朝のころには江寧と呼ばれたことから略称は「寧」である。
  長江が南西から南京市街地の西を通るように流れ、東の鎮江市方面へ流れてゆき、南京の東西に貫いておる。市域内の地形は丘陵地が中心で、特に市街地に接する紫金山は有名である。また、多くの中洲や湖が散在しており、紫金山と繋がる玄武湖が花見や散策の名所である。南京の四季がはっきりしており、雨量が豊富である。市内の景色は雄壮で美しい。悠久な歴史が残した多くの名所旧跡が、秀麗な自然と見事に融合して、南京に独特な風情を添えている。

 

 

 

 

 

 

  南京市は、現代的な経済都市としても活気に満ちあふれている。超高層ビルが南京市内に多く建たれて、鼓楼広場に面する世界TOP10の超高層ビルである「紫峰大廈」(標高450m)は、南京市の最新のランドマークとして2010年に完成された。工業総生産量や技術水準の高さから、南京は中国東部における重要な工業生産地として機能している。既に自動車、電子、石油化学を主導産業とする中国の総合工業基地となっている。南京市政府は今後、資本集約産業から技術集約産業への転換を進めて行く方針。また、観光業のみならず物流、金融などのサービス産業や、バイオメディカル?新エネルギーを初めとする新興産業の発展をも狙って、それらの分野への投資の拡大を進めている。

 


  交通の面で、長江の「黄金水路」の下流に位置している南京港は、中国No.1の内陸港として、多数の機能を有し、重要な役割を果たしている。1万トンの船舶が利用可能である。南京祿口国際空港は中国の五番目に大きな国際貨物運輸空港で、東京、大阪と航空路線が開設されている。また、南京は中国東部の鉄道交通の中心で、中国南部、中部、北部を繋ぐ主要鉄道拠点となっている。その中、南京南駅はアジアにおいて最大の旅客鉄道駅とされている。高速鉄道で、南京上海間の所要時間は1時間の短縮で、南京北京間の所要時間は4時間である。
  南京市は、教育、芸術文化、スポーツなども積極的に推進している。中国の名門大学である南京大学を始めとする各種の大学が50校以上あり、高等教育を受けている大学生は約80人である。北京と上海に次いで、南京の教育と科学研究の実力は中国三番目の座につけている。それから、南京は中国第3位の規模である南京図書館や、所蔵品点数第2位の南京博物院など資源を擁している。各種の舞台芸術と、サッカーなどのスポーツでの海外交流も南京で盛んに行われている。
  南京は相次いで、中国国家レベルの「優秀観光都市」、「園林都市」、「科学進歩都市」、「緑化先進都市」、「ソフトウェア産業有名都市」などに選ばれた。国際的にも、21世紀のアジア環太平洋地域における最も有望な都市の一つとみられている。